フィンジアの副作用が怖い?起こりうる症状の知識をつけておこう!

フィンジアの副作用!成分別の副作用の可能性について

スカルプケアの人気商品であるフィンジアですが、強い育毛剤には副作用が見られることがあります。

 

フィンジア副作用などの心配はないのでしょうか?

 

フィンジアに含まれている主成分から副作用の可能性について見ていきたいと思います。

カプサイシン


カプサイシンは唐辛子の辛味成分にあたるものになります。

 

血行促進などの効果がある成分ですが、高濃度のカプサイシンは刺激が強いことでも知られています。

 

催涙スプレーにも含まれており、炎症や催涙効果を引き起こすほどの成分なのです。

 

カプサイシンの過剰摂取は消火器の粘膜を傷つける恐れがあるとして、農林水産省も注意を呼びかけています。

 

しかし、カプサイシンによってヘアサイクルが休止された髪の毛の成長が促進されたという研究結果の論文が発表され、毛髪成長を促す成分としても注目を集めているのです。

 

また、カプサイシンの特徴として、頭皮をやわらかくして、毛穴を開く効果があるため、栄養成分を頭皮の奥まで浸透させることができるというものがあります。

 

フィンジアでは、この特徴を活かし、ゲートアクセス理論として採用しているのです。

 

濃度によっては刺激になるカプサイシンですが、毛穴拡張目的を主として使用しているフィンジアでは、肌に大きな刺激を与えない程度の配合量に抑えています。

 

ただ、頭皮に湿疹やかぶれがあるような人は、カプサイシンの刺激によって、多少の悪影響があるかもしれませんので注意が必要です。

キャピシル


キャピシルはミノキシジルの3倍といわれる高い育毛効果のある成分として注目を集めています。

 

天然成分で作られた安全なものでありながら、臨床実験において育毛効果が確認されているという優れた成分なのです。

 

開発元であるLucas Meyer Cosmeticsもキャピシルには副作用がないことを明言しており、その安全性を疑う余地はありません。

ピディオキシジル


育毛促進の成分として注目されAGA治療薬として利用されてきたミノキシジルですが、強い副作用があることも問題視されてきました。

 

そこで、ミノキシジルの副作用を引き起こす成分を取り除き改良されて作り出された成分がピディオキシジルというものです。

 

ピディオキシジルは、ミノキシジルと同じ育毛促進効果がありながら、副作用の出ない優れた成分なのです。

 

育毛剤としての実績はまだ少ないのですが、その安全性と効果から、まつ毛美容液として使用されてきました。

 

頭皮よりもさらにデリケートなまぶたに使用しても問題のない成分なので、頭皮への使用は安全であるといえるでしょう。

エタノール


フィンジアにはエタノールが含まれています。

 

これは、育毛成分の質が変化してしまうことを防ぐためのものです。

 

また、フィンジアにはアルコールによって抽出される成分もあるため、どうしてもエタノールが混じってしまう側面もあります。

 

エタノールは、育毛剤にはほとんど配合されている成分ですので、フィンジアに限ったことではないのですが、体質によって肌荒れなどを引き起こす原因になります。

 

過去にアルコール消毒などの際、肌がかぶれた経験があるという人は、フィンジアを使用すると同じような症状が出る可能性もあるので注意して下さい。

その他の成分

パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2K、ボタンエキス
フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、ハダ樹皮エキス

フィンジアに含まれているこれらの成分は、植物由来の天然成分です。

 

特殊なアレルギー体質の人でなければ、基本的に副作用の心配はありません。

 

たとえアレルギーがあったとしても、口から体内に吸収するのではなく、頭皮に付けるだけのものなので、何かしらの症状が出る確率はかなり低いといえます。

 

市販のシャンプーなどに含まれる成分の方が、よっぽど刺激が強いので、市販のシャンプーを使用して問題のない人であれば、安心して使用することができます。

 

⇒フィンジアの公式サイトはコチラから!!

 

副作用に間違われる症状について

フィンジアの悪い口コミなどを見ると、改善に向かう過程の症状を副作用と勘違いして使用をやめてしまっている人も見受けられます。

 

髪質を変えようと思ったら、何らかの変化が起きるのは当たり前で、それらをすべて副作用と判断してしまっては、せっかくの好転反応が無駄になってしまいます。

 

改善のために必要な変化を知り、よほどひどい事にならない限りは我慢の時間も必要になってきます。

初期脱毛

 

AGAの治療を行うと、一時的に抜け毛が多くなることがあります。

 

これを初期脱毛といい、髪の毛を生み出すサイクルが正常に動き始めた証拠でもあるのです。

 

ただ、AGA治療を行った人すべてが初期脱毛の症状が出るわけではなく、ヘアサイクルの乱れから髪の健康が損なわれている人ほど初期脱毛を経験するそうです。

 

フィンジアも、毛母細胞を活性化させたり、頭皮環境を整える成分が入っていますので、ヘアサイクルを回す過程で初期脱毛が起こりえます。

 

しかし、これは、効果の表れであり、一ヶ月もすれば、次に健康な髪が生えてくるのです。

 

脱毛に驚き、使用をやめてしまっては、せっかくの効果が水の泡になってしまいます。

 

初期脱毛を理解し、使用を継続することで、本物の効果を手に入れることができるのです。

痒み

 

フィンジアを使い始めて、頭皮に今まで感じたことのない痒みを感じる人も多いようです。

 

しかし、最初に起きる痒みは、フィンジアを使用したことにより頭皮の血行や代謝が良くなったことで一時的に痒みを感じている可能性が高いです。

 

我慢できないほどの痒みであったり、あまりにも長期間続くようなものでない限りは、フィンジアが効いている証拠なので、少し我慢しながら使用を続けていくべきなのです。

フィンジアの使用で副作用やアレルギーを起こす可能性のある人はこんな人!

フィンジアは、安全性を確認された成分によって作られた商品なので、基本的に副作用というものはありません。

 

しかし、アレルギーなどの体質によっては副作用に近い症状が出てしまうこともあります。

 

フィンジアを注意して使用すべき人はどんな人なのかについて見ていきたいと思います。

植物由来の製品を使ってもアレルギー反応が出てしまった人

 

植物由来だから万人に安全かというと、そうでもありません。

 

花粉症などの症状もあるように、特定の植物に対してアレルギー反応を示す人もいるのです。

 

たとえ皮膚が強くても、アレルギー反応によって肌の炎症や痒みを引き起こしてしまうこともあります。

 

過去に植物由来の製品を使用したのにアレルギー反応が出たことがある人は何らかの症状が出る可能性はあります。

アルコールに対するアレルギーがある人

 

アルコールは、育毛成分が変化するのを防いだり、清涼感を出したり、育毛成分を抽出する際に使用されたりと、育毛剤には欠くことのできないものです。

 

ただ、アルコールは揮発性が高い成分なので、肌の水分も蒸発させてしまうので、乾燥肌の人は、痒みや炎症を引き起こしてしまう原因となってしまうこともあります。

 

また、アルコール消毒で肌が赤くなってしまうような人は、フィンジアを頭皮につけることで、同じような症状を引き起こす可能性があります。

頭皮にかぶれや湿疹がある人

 

頭皮にかぶれや湿疹が出ているような人は、フィンジアのあらゆる成分が悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、使用は控えた方が良いでしょう。

 

髪を洗う時に、あまりゴシゴシこするようにしていると、頭皮を傷め、炎症が長く続いてしまいます。

 

爪を立てずに、指の腹の部分でやさしく洗うようにして、早めに治すようにしましょう。

用法、用量を守らない人

 

フィンジアは決められた量を守って使用していれば、副作用が出ることはほとんどないと言われています。

 

しかし、中には、早く効果が出てほしいからといって規定量を超えた使用を続けてしまう人がいるようです。

 

過度の使用を継続すると、低血圧や高血圧などの症状を引き起こすこともあるそうです。

 

これは、フィンジアだからということではなく、育毛剤全般でいえることなので、決められた使用量は必ず守るようにして下さい。

 

⇒フィンジアの公式サイトはコチラから!!

 

副作用やアレルギーが不安な人のための対策とは

 

フィンジアを試してみたいけど、使ってみて頭皮にアレルギー反応が出るのが不安だという人もいるでしょう。

 

そんな人は、頭皮につける前に自分に合わない成分が入っていないか、テストしてみることをお勧めします。

事前にパッチテストを行う

 

何らかのアレルギーを持っていて、フィンジアの使用に不安がある人は、頭皮に付ける前にパッチテストを行ってみると良いでしょう。

 

フィンジアの液を腕の内側の部分に塗ります。

 

パッチテストを開始した当日は、できればお風呂に入らない方が良いです。

 

そして、48時間様子を見ます。

 

塗ってから48時間経過して、肌に何の異常も見られなければ、フィンジアを頭皮に使用しても問題はありません。

 

パッチテストの途中であっても、もし肌に発疹、かゆみ、水泡などの異常が出た場合はすぐに洗い流し、中止して下さい。

全額返金保証を受ける

 

もし、パッチテストで悪い反応が出てしまったら、フィンジアを使用することはできません。

 

でも、そんな人のために、フィンジアでは全額返金保証があります。

 

試してみてダメなようなら、全額返金を受ければ良いので、リスクなく試すことができるんですね。

まとめ

フィンジアはスカルプケアの製品としては、極力副作用の出ない製品として開発されたものになります。
容量、用法を守って使用すれば、副作用が出る可能性は低いといえます。

フィンジアの主な成分の特徴

 

カプサイシン
唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは刺激のある成分ですが、毛髪成長を促す成分としても知られています。
フィンジアに配合されているカプサイシンの量では、通常使用では肌荒れを引き起こすようなことはありませんが、頭皮に湿疹やかぶれがある人は改善が見られるまで、使用を控えた方が良いでしょう。

 

キャピシル
副作用のない天然成分でありながら、高い育毛効果を発揮する注目の成分です。

 

ピディオキシジル
ミノキシジルの副作用を引き起こす成分を取り除いて作り出された成分がピディオキシジルです。
ミノキシジルと同じ育毛促進効果がありながら、副作用はないという理想の育毛成分といえます。

 

エタノール
フィンジアの成分はアルコールによって抽出されるものもあるため、どうしてもエタノールが混じってしまいます。
また、育毛成分の性質が変化することを防ぐためにもエタノールは必要な物質なのです。
フィンジアに限らず、育毛剤にはほとんど配合されている成分です。
アルコールにアレルギーがある方は多少のアレルギー反応が出る可能性があります。

副作用と間違われやすい症状

 

初期脱毛
毛母細胞を活性化させたり、頭皮の環境を整える過程で、初期脱毛という現象が起こります。
これはヘアサイクルが回り出し、効果が出てきている証拠となるもので、一ヶ月もすれば、次の健康な髪の毛が生えてきます。
びっくりして使用を止めてしまうことなく、継続して使用を続けていきましょう。

 

頭皮の痒み
フィンジアを使用して、頭皮の血行や代謝が良くなってくると、一時的に頭皮の痒みを感じることがあります。
この痒みは改善の過程の一時的なものと考えられますので、我慢できないほどの痒みや、長期間続くような痒みでない限りは、しばらく我慢して様子を見るようにして下さい。

 

どうしてもアレルギーや副作用が心配な方は、フィンジアには全額返金のシステムもあるので、一度購入してみて、パッチテストを実施してから本格的な使用を開始することをお勧めします。

 

⇒フィンジアの公式サイトはコチラから!!

 

こんなページも読まれています

フィンジアの口コミ(評判)から効果を大検証!効く効かないどっち!?
フィンジアは簡単に解約できる?電話が繋がらないって本当?

page top