フィンジアは使い方次第で効果が変わる?成分を最大限に活かすには?

フィンジアは使い方次第で効果が変わる!成分を最大限活かすために!

フィンジアには、健やかな頭皮を維持していくためにスカルプケア成分が配合されています。

 

しかし、使い方を間違えると、せっかくの成分の効果も半減してしまうこともあります。

 

使用するからには、できるだけ大きな効果を感じたいですよね。

 

そのために、フィンジアの正しい使い方を知っておきましょう。

フィンジアの効果を高めるための流れ

フィンジアを何も考えずに頭皮に吹きかけている人よりも、正しい流れとタイミングで使用する人の方が圧倒的に効果は高くなります。

 

最初は面倒くさいと感じるかもしれませんが、そのうち習慣化してしまえば苦になりません。

 

さらに、毛髪に変化を感じられるようになるとモチベーションも上がりますので、最初に妥協せずにしっかりとした使い方を身につけることが大切です。

ブラッシングをする

 

髪の毛がほつれた状態で洗髪をすると、毛髪を傷める恐れがあります。

 

また、髪の毛にはホコリや皮脂、フケなどの汚れが付着しています。

 

しっかりブラッシングしてあげることによって、ほつれがなくなり、汚れも取れるので、頭皮をしっかりと洗える状態をつくることができます。

 

ただし、あまり乱暴にしてしまうと、髪の毛を傷めてしまう原因にもなりますので、やさしくマッサージしてあげるような感じでブラッシングするようにしましょう。

 

頭皮を素洗いする

 

まずは、シャワーだけで何もつけずに頭皮を洗い流します。

 

シャンプーなどを使わなくても素洗いだけで、頭皮に潤いを与え、大まかな汚れはほとんど落ちてしまいます。

 

爪を立てず、指の腹で頭皮をもむようにして2、3分洗い流します。

 

これをしておくことで、シャンプーの洗髪効果を高めることができます。

 

シャンプーを使って本格的に洗髪する

 

シャンプーを使って、しっかり頭皮の洗浄をしていきます。

 

この時、シャンプーは泡立ててから洗うようにすることが大切です。

 

よく液体のままのシャンプーを頭皮につけて洗い始める人がいますが、こういう洗い方をしていると、シャンプーが毛穴に詰まり、洗い流しきれなかったものが毛穴にたまっていってしまうのです。

 

シャンプーはまず手に取り、よく泡立ててから、泡を頭皮につけてマッサージをするようにして洗うようにします。

 

そして、シャンプーの時間と同じくらいの時間をかけて、しっかりと洗い流してください。

 

シャンプーのすすぎ残しは、毛穴の詰まりや雑菌の繁殖などを招き、頭皮環境を悪化させる原因になります。

 

ドライヤーでしっかりと乾かす

 

洗髪の後はしっかりとドライヤーを使って乾かします。

 

男性は髪の毛が短い人が多いので、ドライヤーを使わないで自然乾燥で済ませてしまう人が多いようです。

 

しかし、頭皮が濡れたままの状態でいると、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮環境がどんどん悪くなっていきます。

 

それだけでなく、濡れた髪はキューティクルが開いたままの状態なので、水分が出ていってしまい、髪の乾燥を招いてしまうのです。

 

薄毛に悩む人ほど頭皮環境には気を遣わなくてはいけません。

 

洗髪後には、必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。

 

髪の毛だけを乾かすのではなく、頭皮まで乾かすようにドライヤーをあてていきます。

 

そして、ある程度乾いたところで、冷風に切り替えると、髪の毛がキュッとしまり、水分の蒸発も防ぐことができます。

 

フィンジアを頭皮にすりこませる

 

薄毛が気になっているところにフィンジアを5〜10プッシュします。

 

フィンジアは生えている髪の毛につけるものではなく、頭皮につけるようにします。

 

それから、指の腹でマッサージするようにすりこませていきます。

 

マッサージすることで、血行促進効果が生まれ、フィンジアの成分がより浸透しやすくなります。

 

ドライヤーの冷風で乾かす

 

フィンジアをつけて少し濡れた状態で寝ても気にならない人はそのままで良いのですが、濡れた状態が気持ち悪いという人は、再度ドライヤーで乾かしてから寝ると良いでしょう。

 

ただし、この場合はドライヤーを冷風にして乾かすようにしましょう。

 

フィンジアを付けてから温風で乾かすと、必要な水分まで失ってしまう場合があるのです。

 

また、冷風のドライヤーには、髪のキューティクルを閉ざして髪の潤いを守ってくれる効果や、就寝前の発汗を抑える効果もあります。

 

⇒フィンジアの公式サイトはコチラから!!

 

フィンジアを使うタイミングはいつがいいの?

フィンジアを使うタイミングとして公式サイトで推奨しているのが、朝と夜の一回ずつの使用です。

 

ただ、どちらかというと、夜の使用がとても重要です。

 

ひとつめの理由として、朝はだいたい忙しくしている人が多いと思います。

 

朝にしっかりとブラッシングから素洗い、洗髪、すすぎをしっかりして、ドライヤーをあててフィンジアを塗るという行為をしっかりとできる人が少ないのです。

 

夜の方が丁寧にケアできますので、頭皮を清潔にしてフィンジアが浸透しやすい状態をつくりやすいといえます。

 

ふたつめの理由は、夜、寝ている間に、副交感神経が活発になり、新陳代謝が高まります

 

 

それによって毛母細胞の分裂が促進され、髪の毛がつくられていくのです。

 

夜、寝る前にフィンジアをつけることによって、より大きな発毛効果が期待できます。

 

もちろん、朝であっても、毎日きちんと洗髪してからフィンジアをつける事がベストですが、なかなかできないという人は、夜に重点を置いて、フィンジアを使用していくと良いでしょう。

フィンジアの使用でこれだけは守ってほしい注意点とは?

フィンジアの正しい使い方について見てきましたが、この他にも使用に関して守るべきことや、注意してほしいことがあります。

 

期待した効果を得るために、注意点もしっかり守って使用するようにして下さい。

毎日使い続けましょう

 

髪の毛は3ヶ月から4ヶ月ほどのヘアサイクルを経て生まれ変わります。

 

この成長サイクルの間、しっかりと頭皮に働きかけるためには、毎日継続して栄養を送り続ける必要があります。

 

つけたり、つけなかったりといった事のないように強い意思を持って使い続けましょう。

つけすぎないように注意する

 

フィンジアはたくさんつけたからといって効果が上がるものではありません。

 

逆に、必要以上に頭皮についたフィンジアが吸収されずに毛穴などに残ってしまい、雑菌などが繁殖する原因になってしまうこともあります。

 

特に気になるところでも10プッシュを上限として、それ以上の使用はやめましょう。

髪の毛ではなく頭皮につけること

 

フィンジアはすでに生えている髪の毛に働きかけるものではありません。

 

頭皮につけることで効果を発揮するものなのです。

 

スプレーする際に気を付けていないと髪の毛にばかり付いてしまいます。

 

頭皮にしっかり届くように意識してスプレーしましょう。

爪を立ててマッサージしてはいけない

 

頭皮をマッサージするように、フィンジアをすりこんでいく事は大切です。

 

しかし、マッサージの際には指の腹でもみ込むようにして下さい。

 

爪を立ててゴシゴシしてしまうと、頭皮が傷つき、頭皮の荒れ、細菌の繁殖などの頭皮環境の悪化につながる恐れがあります。

栄養、睡眠、ストレスにも気を配る

 

生活習慣の乱れから薄毛になることもあります。

 

偏った食生活をしている人は、頭皮に栄養が行き渡らずに薄毛になることがあります。

 

いつも睡眠不足の状態でいる人は、睡眠中に分泌される成長ホルモンが少なくなるだけでなく、血行も悪くなるので、髪の毛の栄養が足りなくなることがあります。

 

ストレスが多い人は、交感神経を刺激されるので、自律神経の乱れを引き起こします。
自律神経の乱れは睡眠障害や食生活の乱れを引き起こす原因となり、薄毛につながっていきます。

 

そのため、フィンジアの使用と平行して、自分の薄毛の原因となる生活習慣の改善が必要になってきます。

 

せっかくのフィンジアの効果も足を引っ張る要素があっては、効果はプラスマイナスでゼロになってしまうかもしれません。

 

 

まとめ

ただ何となくフィンジアを使っている人よりも、正しい使い方や注意点を意識して使用している人の方が、圧倒的に良い結果につながりやすくなります。

 

フィンジアの効果を上げる正しい使い方をまとめましたので、できるだけ実行して最大限の効果が得られるようにしていって下さい。

フィンジア使用の正しい流れ

  1. 洗髪前にやさしくブラッシングをして、髪のほつれや汚れを取り除く。
  2. 最初はシャワーだけで素洗いをして、頭皮に潤いを与え、大まかな汚れを落とします。
  3. 泡立てたシャンプーを頭皮に乗せて、指の腹でマッサージするように洗う。
  4. シャンプーの時間と同じくらい時間をかけて、洗い残しのないように、しっかりとシャワーですすぐ。
  5. 自然乾燥は雑菌の繁殖と水分の蒸発を招くので、ドライヤーで頭皮をしっかりと乾かす。
  6. 薄毛が気になる箇所にフィンジアをスプレーし、指の腹でマッサージするようにもみこむ。
  7. ドライヤーの冷風で乾かせば、寝る時でも濡れて気持ち悪くないし、髪のキューティクルも引き締まる。

 

フィンジアを使用するタイミングとしては、朝と夜の2回になりますが、新陳代謝が高まり、毛母細胞の分裂が促進される夜の使用が最も効果的なタイミングといえます。

 

夜の方が、しっかりと流れを守ってフィンジアを使用することができると思うので、朝、使用することができない場合でも、夜には必ずつけるように心がけましょう。

 

フィンジアの使用に関する注意点

  1. 髪が生まれ変わるには時間がかかります。変化が見られるまで毎日使用を続けましょう。
  2. つけすぎは汚れの付着や菌の繁殖などの原因になります。気になる箇所でも10プッシュまでにしましょう。
  3. 髪につけても意味がありません。頭皮にスプレーするようにしましょう。
  4. 洗髪や頭皮マッサージの際に爪を立てて行うと、頭皮が傷つき、頭皮環境の悪化を招きます。指の腹でやさしくマッサージするようにして下さい。
  5. 生活習慣の乱れは薄毛に繋がります。栄養、睡眠、ストレスには気を遣って、改善すべきところは改善していきましょう。

 

⇒フィンジアの公式サイトはコチラから!!

 

こんなページも読まれています

フィンジアの口コミ(評判)から効果を大検証!効く効かないどっち!?
フィンジアの全成分を確認したら効果が高い秘密がわかりました!

page top